日立物流/東南アジア・メコン地域で陸送サービス開始

2017年05月25日 

日立物流は5月25日、グループ企業の日新運輸がミャンマー ヤンゴンとタイ バンコクを陸路で結び、さらにタイと日本・中国を海路で繋ぐ、複合物流サービス(Smart My Road)を開始したと発表した。

ミャンマー ヤンゴンとタイ バンコクを、自社トラックとコンテナを活用して陸上輸送し、バンコクと日本・中国との間は海路を使って輸送することで、従来の海路のみを利用した輸送に比べて、リードタイムを半減(60日 ⇒ 30日)することを可能にする。

中国からタイ経由でミャンマーに資材を送り、ミャンマーで加工、製品を日本や中国に発送するということが、従来よりも非常に短い期間で可能となる。

ミャンマーとタイは、国境規制により、同一トラックで通過することができず、貨物の積替が必要となるが、日新運輸は現地法人の Nisshin (Myanmar)が、ミャンマー側国境のミャワディに積替拠点を整備、タイ側は日立物流グループ会社の Hitachi Transport System Vantec (Thailand)が受け持つことで、自社グループ運営による高品質輸送を実現し、顧客の大切な商品を確実に目的地まで届ける。

最新ニュース