PwCコンサルティング/グローバルロジスティクス改善支援で協業

2017年05月22日 

PwCコンサルティングとフレクトは5月22日、クラウド型コネクテッド・カー・アプリケーション「Cariot (キャリオット)」を用いた企業のグローバルロジスティクス業務改善で協業を開始すると発表した。

フレクト社が開発したCariotは、 Salesforceプラットフォ―ムと連携するクラウド型の車両管理アプリケーションで、 車両に専用端末を装着するだけで利用可能。 速度、走行距離、燃費など車両内部で保有する情報と、GPSセンサーで取得する位置情報をリアルタイムに専用サーバーに送信する。

蓄積された情報をもとに、配送ルートの最適化、到着時刻の予測、取引先への位置情報共有などが可能となる。

また、稼働状況レポートの作成やダッシュボード化、業務報告書の自動生成などの機能を提供する。クラウド型アプリケーションの特徴である「すぐに始める」ことで、迅速なROI把握を実現する。

PwCコンサルティングは国内企業やグローバル企業向けにクラウド型ソリューション及びSCMパッケージの導入において豊富な実績を有している。企業のロジスティクス業務改善では、到着・配送の「時間」把握が重要な要素。Cariotを活用することでデータ収集、分析の高速化、高精度化を後押しする。Cariotとグローバル対応SIMを搭載した専用車載器は、米国と東南アジアの一部の国で稼働実績があり、海外拠点も含め、データの一元管理を行うことができる。

協業では、Cariotを営業、工事、搬送などの車両に装着し、さまざまな情報をデジタルデータでインターネットに送り出せるようにすることで、即時に稼働状況を把握できる体制を目指す。PwCコンサルティングはCariotの導入計画策定、データアナリティクス、ロジスティクス業務の改善施策立案・実行、関連する情報・業務システムの変更などを含めた全体デザインを支援する。

最新ニュース