日新/中期経営計画、自動車、化学品、危険品、食品を重点分野に

2017年05月10日 

日新は5月9日、2017年4月から2022年3月までの第6次中期経営計画を発表した。

計画最終年度(2022年3月期)の数値目標は、売上高2300億円(2017年3月期2012億円)、営業利益74億円(56億円)、経常利益77億円(62億円)、当期利益53億円(44億円)としている。

基本方針は、グローバル・ロジスティクス・サービス・プロバイダー~世界最高品質の物流企業への更なる進化~とし、主な取り組みとして重点分野に「自動車関連物流」、「化学品・危険品物流」、「食品物流」を挙げている。

自動車関連物流では、日新ブランドの確立。化学品・危険品物流では、危険品施設の拡充と化学品・危険品物流のグローバルネットワーク構築。食品物流では、食品物流機能の拡充と食品物流のグローバル展開を図る。

国内事業の収益力向上として、物流施設の再編、業務効率化の追求、物流事業・旅行事業の連携強化、AIを活用した提案型営業の推進を挙げている。

最新ニュース

物流用語集