郵船ロジスティクス/ウェブサイトをリニューアル

2017年05月09日 

郵船ロジスティクスは5月9日、グループ経営理念に基づいたブランドアイデンティティーを新たにし、ウェブサイトをリニューアルした。

<リニューアルしたウェブサイト>
リニューアルしたウェブサイト

新しいカラーパレット、コネクティングライン、タグラインなどを導入し、Vision、Mission、Valuesを含めたグループ経営理念に込めた想いを、全てのステークホルダーにより分かりやすく伝えるブランディング活動を展開する。

郵船ロジスティクスはこれまで、ダブルウィングロゴとブルーを基調にしたカラーコーディネートで、ブランディング活動を展開してきた。「強さ・信頼・伝統」を表現するブルーとベースカラーのホワイト、ブラックに加えて、力強さを強調するダークブルーを採用する。

更に、つながりや温かみ、ダイナミックさを示すために、新たにオレンジをアクセントカラーとして採用し表現する。オレンジはブルーの補色であり、これらの色を組み合わせることで、「強さ」と「ダイナミックさ」を掛け合わせた、企業イメージを表現している。

コネクティングラインでは、グループ経営理念を集約する言葉として定めたBrand Promiseの“Create Better Connections”には、ともに働く仲間、顧客、パートナーをはじめとする全てのステークホルダーと世界中でより良い関係を築き、それを積み重ねていくことで、豊かな未来につないでいきたいという意味が込められている。

この想いを「コネクティングライン」で表現する。アクセントカラーのオレンジを使ったシンプルかつ印象に残るデザインで、つながりを示すさまざまな場面に活用していく。

新たなタグラインとして、「Insight into Action」を定めた。この言葉は、郵船ロジスティクスが最終的に顧客にもたらす価値を表現している。私たちにとってのInsightとは、物事の本質を見極める「力」を意味する。私たちはこの力を使って顧客のビジネスを理解し、そのビジネスが抱える真の課題を見つけ出して、最終的にソリューションという価値を提供する。

経営理念の下、この活動を全社を挙げて行い、顧客の成功になくてはならないロジスティスパートナーになるという想いを「Insight into Action」に込めている。このタグラインをさまざまな場面で使用していく、としている。

■郵船ロジスティクス
https://www.yusen-logistics.com/jp/

最新ニュース