GWの高速渋滞/渋滞ピークは上下線とも5月3日~5日

2017年03月30日 

東日本高速道路、中日本高速道路、西日本高速道路、本州四国連絡高速道路、日本道路交通情報センターは3月29日、ゴールデンウイーク中の高速道路の渋滞予測を発表した。

<10km以上の渋滞予測回数 下り線>

<10km以上の渋滞予測回数 上り線>

上下線ともに、5月3日~5日に渋滞が特に多く発生すると予測。10km以上の渋滞が多く発生すると予測される日は、下り線で5月3日~4日、上り線で5月4日~5日となっている。

各高速道路会社毎では、東日本では、下り線で常磐自動車道、5月3日9時頃に45km(土浦北IC付近)、上り線で関越自動車道、5月5日17時頃に45km(高坂SA付近)。

中日本では、下り線で中央自動車道、5月3日6時頃に45km(相模湖IC付近)、上り線で東名高速道路、5月5日17時頃に40km(大和TN付近)。

西日本・本四では、下り線で中国自動車道、5月3日9時頃に30km(宝塚東TN付近)、上り線で神戸淡路鳴門道、5月6日19時頃に45km(舞子TN出口付近)と予測している。

最新ニュース