キリンビバレッジ/炭酸大型容器の仕様変更、トラック台数を約2割削減

2017年03月28日 

キリンビバレッジは3月28日、環境に配慮したやさしいパッケージ開発の一環として、炭酸大型容器(1.5リットル)の仕様変更を実施すると発表した。

<炭酸大型容器の新仕様>

<パレット積載風景>

<パット積載の様子>

仕様変更により1パレット当たりの積載箱数が、40箱(10面×4段)から60箱(15面×4段)となり、積載効率が1.5倍向上する。

仕様変更により、炭酸大型容器の出荷に使用するトラック台数を年間で約2割削減が期待される。

新仕様の商品は、3月下旬から“強炭酸”が好評の「キリン メッツ」ブランドを中心に順次導入される。

なお、炭酸大型容器の仕様変更にあたっては、“胴径”を直径92.5mmから直径89.5mmに変更した。ボトルの高さについては、現行の303.57mmを継続している。

■概要
胴径:直径89.5mm(3mm縮小)
ボトルの高さ:陳列棚を考慮し現行(303.57mm)維持。 
肩部形状:胴径縮小による容量減少分を肩部形状を変更することで確保。
対象商品:キリン メッツ コーラ1.5Lペットボトル、キリン メッツ グレープフルーツ1.5Lペットボトル、キリン メッツ レモン1.5Lペットボトル、キリン メッツ アップル1.5Lペットボトル、キリン レモン1.5Lペットボトル、キリン 大人のキリンレモン1.5Lペットボトル

最新ニュース