東急不動産ほか/春日部に大型マルチテナント型物流施設着工

2017年03月22日 

東急不動産、三菱 UFJリース、ケネディクスは3月22日、埼玉県春日部市で共同開発する大型マルチテナント型物流施設「(仮称)春日部物流センター」を着工したと発表した。

<(仮称)春日部物流センター外観イメージ>

(仮称)春日部物流センターは、三菱 UFJリース、東急不動産、ケネディクスが共同出資する特定目的会社が事業主体となり、ケネディクスがアセットマネジメント業務を行い、フジタの設計・施工で開発を行う。

計画地は、主要環状道路である国道16号(春日部野田バイパス)と4号(越谷春日部・春 日部古河バイパス)の交差点から約600mの場所にあり、東北自動車道岩槻ICや常磐自動車道柏ICへアクセスがしやすく、東京都心部からも約30㎞と交通利便性に優れた立地。

また、この交差点は現在計画中の東埼玉道路庄和ICの建設予定地でり、今後更なる利便性拡大が期待されている。

プロジェクトでは、1万7951m2の敷地に延床面積3万8853m2、地上4階建ての大型マルチテナント型物流施設を建設する予定で、1階に両面トラックバースを設置する他、効率的な物流オペレーションを可能とする最新鋭の倉庫仕様を備えている。

三菱UFJリースは、これまでノンリコースローンの提供・エクイティ拠出によるプロジェクト参画を通じ社会インフラである物流施設の開発資金を提供してきた。

今後、物流効率化が一層求められる中、ファイナンスを通じ多面的に物流不動産分野に貢献する。

東急不動産は、初めての物流施設開発となるが、これまで培った総合不動産開発の実績を活かし、インフラ・インダストリー分野での事業展開を積極的に進めると共に、物流効率化という社会ニーズに応える。

ケネディクスは日本初の物流施設特化型REITに参画するなど、物流施設の投資運用に早くから取り組んでおり、これまで培ったアセットマネジメント業務の経験を基に、物流施設においても資金運用ニーズと運用不動産を結ぶ役割を果たしていくという。

<広域図>

<詳細図>

■計画概要
名称:(仮称)春日部物流センター
所在地:埼玉県春日部市下柳六畝
敷地面積:1万7950.53m2
延床面積:3万8853.29m2
構造:地上4階建
着工:2017年2月
竣工:2018年2月(予定)

最新ニュース

物流用語集