シェアリングテクノロジー/個人宅配物の会社受取り奨励制度を開始

2017年03月22日 

ライフサービスプラットフォームを展開するシェアリングテクノロジー(ST)は3月22日、運送業界の再配達問題の解決に向け、4月1日から個人宅配物の会社受取り奨励制度を開始し、賛同企業複数社でこの制度を推進していくと発表した。

個人宅配物の会社受取りがもたらす効果として、再配達件数を押し下げる効果、受取りの幅が増えたことによる、ユーザーのインターネットマーケティングサイトの利用活発化の2点を挙げている。

このような取組みを業界に浸透させることで、少しでも「再配達増加」問題を縮小させ、インターネットマーケティングサイトの活性化の手助けになれたらと考えている。

賛同企業は2017年3月16日現在、アイ・アンド・シーパートナーズ(宮城県)、アナグラム(東京都)、ヴァンテージマネジメント(東京都)、シンフィールド(東京都)、THECOO(東京都)、TATEITO(東京都)、フラップスプラン(東京都)、エクスコア(東京都)、ハイパス(東京都)、スマイルファーム(新潟県)、Bigmac(福井県)、スリーカウント(静岡県)、アクシス(岐阜県)、シェアリングテクノロジー(愛知県)、ストレッチマネジメント(愛知県)、カルテットコミュニケーションズ(愛知県)、AZ(大阪府)、アプロ総研(大阪府)、officeR3(大阪府)、スワールコミュニケーションズ(兵庫県)、Shift(愛媛県)、アンダス(福岡県)、利他の蔵(熊本県)。

STは、特にインターネットマーケティング企業に対して、再配達問題の遠からぬ当事者であるという意識を共有し、個人宅配物の会社受取り制度を普及させたいと考えている。賛同する企業の連絡を呼び掛けている。

■会社概要
会社名:シェアリングテクノロジー
所在地:愛知県名古屋市中区丸の内3-23-20HF桜通ビルディング2F
設立:2006年11月24日
資本金:2億749万円(資本金及び資本準備金)
http://www.sharing-tech.jp/

最新ニュース