日本郵船/運航船がバミューダ諸島沖で遭難したヨットを救助

2017年01月27日 

日本郵船は1月27日、運航する自動車専用船「HERCULES LEADER」が1月19日、バミューダ諸島沖で遭難したヨットの乗組員を救助したと発表した。

<救助の様子>
救助の様子

米国・ジャクソンビルから英領・ジブラルタルに向けて航行中の1月19日朝、米国沿岸警備隊からバミューダ諸島沖で遭難しているヨットの救助要請を受けた。

この船は直ちに針路を変更し、同日正午頃にこのヨットを発見、乗組員6名を救助した。その後、米国沿岸警備隊の指示に従い、1月20日朝、バミューダ諸島で乗組員6名を救助用のボートに引き渡した。

■HERCULES LEADER概要
船長:イユーゲン・ステーテ(Eugen State)
船籍:日本
船員:25人(船長含む、国籍:インド、フィリピン、ベトナム、ルーマニア)
総トン数:6万3083トン
船種:自動車専用船
管理会社:NYKシップマネジメント社 (NYK Shipmanagement Pte Ltd.)

最新ニュース