三菱商事都市開発/川崎市に物流施設竣工、神奈川県の座間も着工

2017年01月25日 

三菱商事都市開発は1月25日、川崎市湾岸エリアに高い利便性を兼ね備えた物流施設「MCUD川崎II」を1月31日に竣工すると発表した。

<MCUD川崎II 施設パース>
MCUD川崎II 施設パース

川崎市湾岸エリアに立地するこの施設は、横浜・川崎と都心エリアに近く、首都高速とアクアラインへのアクセスも良好な物流適地に位置しており、最寄駅からも徒歩圏と、雇用優位性も高い施設となっている。

また、東名横浜町田ICや神奈川県内の幹線道路である国道246号、首都圏の環状線である国道16号近くに位置し、横浜市・川崎市・都内西部等の大消費地へのアクセスに恵まれた「MCUD座間」は2017年1月16日に新築工事に着手した。

神奈川県内の幹線道路である国道246号から約3km、首都圏の環状線である国道16号から約6kmと幹線道路へのアクセスも良好であり、横浜市・川崎市・都内西部等の大消費地へアクセスしやすく恵まれた立地となっている。

今後も首都圏を中心に利便性の高い物流施設のネットワーク構築を目指し、三菱商事グループにおいて長年培った物流施設開発・運営のノウハウを駆使し、優良な物流施設を不動産マーケットに提供していく。

■竣工物件概要
名称:MCUD川崎II
所在地:神奈川県川崎市川崎区白石町3-1
敷地面積:1万1692.69m2
延床面積:2万3771.56m2
建物構造:鉄骨造4階建
交通:首都高速神奈川1号横羽線浅田料金所より約1.3km、
   JR鶴見線武蔵白石駅より約500m
竣工日:2017年1月31日(予定)
テナント:三菱商事ロジスティクス

■着工物件概要
名称:MCUD座間
所在地:神奈川県座間市広野台2-4991-1
敷地面積:9130m2
延床面積:1万8200m2
建物構造:鉄骨造4階建
交通:東名高速道路横浜町田ICより約7km
   圏央道圏央厚木ICより約8km
   小田急小田原線相武台前駅より約1.9km
着工日:2017年1月16日

最新ニュース

物流用語集