SBSHD/グループ公募で2017年度安全スローガンを決定

2017年01月18日 

SBSホールディングスは1月18日、従業員ひとり一人が安全意識を常に持ち事故ゼロを目指すため、2017年度SBSグループ安全スローガンを決定したと発表した。

<2017スローガン>
2017スローガン

<表彰式。右から2番目が鎌田代表、右端が最優秀賞の高橋 智裕氏>
表彰式。右から2番目が鎌田代表、右端が最優秀賞の高橋 智裕氏

スローガンは、毎年10月からグループ全従業員を対象に公募し、12月の社内投票と運輸安全推進者会議の審査を経て最優秀作品を決定。これをグループ新年会で発表した後グループ各社の本社及び事業所でポスターを掲示、さらにグループ報など内部のメディア各種に掲載することで従業員一人ひとりに浸透を図っている。

今年度は、過去最多の応募作品が集まったほか、イントラネットに設定した投票システムを活用することで投票者も大幅に増えた。このようなプロセスを経て選ばれた今年度の安全スローガンは、SBSロジコムの高橋智裕氏の「積上げる 安全・品質 プロ意識」。

1月4日に開催した新年会では、約760名の参加者全員でこれを唱和し「事故ゼロ」への誓いを新たにした。

なお、SBSグループでは、運輸安全マネジメントに基づく安全啓発活動の重要な施策のひとつとして、「安全スローガン」を毎年定めている。この活動はSBSグループの物流品質を統括する物流品質管理部が事務局となり、グループ会社従業員を対象に年間を通じて「物流のプロ」としての意識を啓発するもので、今年で7年目となる。

■2017年度 受賞者
最優秀賞:SBSロジコム北関東営業部 矢板支店 高橋 智裕
優秀賞:SBSロジコム国際営業開発部 工藤 安則
入賞:SBSフレックネット中部営業部 北陸営業所 野口 秀明
努力賞:涌出 浩之(SBS ゼンツウ) 、村元 道弘(SBS フレックネット)、橋口 晴美(SBS ロジコム)、 豊増 隆弘(SBS ロジコム)、三浦 俊一郎(SBS ロジコム) 、大津 弘文(SBS フレックネット)、髙橋 英二(SBS フレックネット)

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集