インフォアジャパン/需要計画ソリューション、提供開始

2017年01月17日 

インフォアジャパンは1月17日、サプライチェーンの予測プロセスを簡素化、迅速化する次世代の需要計画ソリューション「Infor Demand+」を日本国内で提供開始した。

Infor Demand+ は、Webベースのアーキテクチャに刷新し、直感的で操作性に優れたユーザーエクスペリエンスと、インフォアの最新テクノロジーを融合した次世代の需要計画ソリューション。Infor Demand Planningと比べて予測・分析機能を向上させている。

今後、Infor Demand Planningの機能をInfor Demand+に順次移行していく。

Infor Demand+は、Infor Demand Planningの機能を引き継ぎ、製造業や流通業を中心とした業界に特化した機能やテンプレートがあらかじめ用意されている。

業界に特有の高度な需給予測に対応し、ソーシャルコラボレーションと効率的なワークフローを結びつけることで、将来の需要を包括的な視点から見通すことができる。

Infor Demand+は、独自の確率予測を採用することで、より精度の高い予測を実現している。

需要計画の妨げになる要素を最小化するよう設計の改良を行い、在庫ポリシーの最適化が向上され、柔軟なルールでの分類が可能になった。需要分析や週次予測の拡張も行える。

あらゆる需要計画に意思決定を支援する分析機能が中心的となるよう設計され、直感的に使いやすいユーザーインターフェースで、生産性を高めることができる。

予測・分析機能でもたらされたインサイトを容易にビジネスに反映させ、戦略的な計画策定を実行できるようになる。

業界に特化したテンプレートを豊富に用意し、より迅速かつ低コストで導入ができる。テンプレートにより精度の高い計画を迅速に作成し、計画の効果をモニタリングし、需要を満たす業務目標の最適化を支援する。

サプライチェーンに関わる社内外の複数のユーザー同士がコラボレーションできるよう、ソーシャルコラボレーションプラットフォームであるInfor Ming.leと統合している。

これにより、ダイレクトなコミュニケーションが可能になり、予測の精度との関連性を強め、競争力を高める。

業界標準の主要業績評価指標(KPI)であるMAPEやバイアス、絶対誤差などに対応しています。計画担当者がひとつの計画評価ポイントから、さまざまな側面で深く分析し、必要に応じた対応が可能になる。

最新ニュース

物流用語集