川崎重工/4000台積み自動車運搬船を引き渡し

2016年12月01日 

川崎重工業は12月1日、中国南通市の南通中遠川崎船舶工程(NACKS)で、ノルウェーのUECC(IOM)LTD向け4000台積み自動車運搬船「AUTO ENERGY」を11月29日に引き渡したと発表した。

<AUTO ENERGY>
AUTO ENERGY

世界で初めて主機関と発電機機関に二元燃料エンジン(ME-GIエンジン)を採用した自動車運搬船の2番船。

船舶用燃料油(重油)の他、クリーンエネルギーとして注目されている液化天然ガス(LNG)を燃料として使用可能で、国際海事機関(IMO)による各種排ガス規制に対応できる。

川崎重工は、LNGに関する広範な総合技術のシナジーを活かし、LNG燃料船の建造、一般商船全体のガス燃料化のため、LNG燃料供給船をはじめとするサプライチェーンの構築に今後も積極的に取り組んでいく。

■主要目
全長:約181.00m
長さ(垂線間):170.50m
幅(型):30.00m
深さ(型):30.22m
満載喫水(型):9.60m
総トン数:4万2424トン
載貨重量:1万6990トン
自動車積載台数:3985台
主機関:MAN B&W 8S50ME-C8.2-GIディーゼル機関1基
    連続最大出力1万1000キロワット×113回転/分
乗船定員:30名
船級:ロイド船級協会(LR)
船籍:MADEIRA

最新ニュース

物流用語集