商船三井/スマートシッピング推進室を新設

2016年11月30日 

商船三井は12月1日付で、スマートシッピング推進室を新設する。

新組織は、商船三井グループの知見とICTの要素技術(シーズ)によって船舶の運航・管理を高度化するだけではなく、シーズを顧客の潜在的なニーズに結びつけることによって、輸送に新たな価値をつけ、顧客にとっての利便性向上を目指す。

新たに「船舶維新NEXT~MOL SMART SHIPプロジェクト~」のコンセプトのひとつである自律航行につながる「高度安全運航支援技術」の推進を担う。

「スマートシッピング推進室」の名称は、同組織が海上および船陸間でのICT利活用を進める中核拠点になることを意味している。

最新ニュース