商船三井/世界初の大型エタン輸送船を竣工

2016年11月10日 

商船三井は11月10日、建造を監督し運航する世界初の大型エタン輸送船(VLEC)が11月9日、韓国・三星重工業巨済造船所で竣工したと発表した。

<新造大型エタン輸送船“ETHANE CRYSTAL”>
新造大型エタン輸送船“ETHANE CRYSTAL”

船名は「ETHANE CRYSTAL」と命名された。

この船は、商船三井が関与するVLEC6隻のうちの第1船にあたり、商船三井がリライアンス社と締結している長期契約の下、米国出しインド向けの液化エタン輸送に従事する。

VLECには従来LNG船で十分実績のあるGTT MarkⅢメンブレンを貨物艙に採用し、LNGより比重の大きなエタンの輸送に対応できるよう強化している。

最新の環境規制にも対応できる脱硝装置を装備している。

液化エタンの大量輸送には、貨物及びVLECの特性上、LNG船とLPG船双方での知見が求めらる。

商船三井は、両分野で得た豊富な経験とノウハウを生かして、世界初となるVLECによる輸送事業に従事するとともに、今後も拡大が見込まれる液化ガス輸送需要に応えるべく、安全で確実な海上輸送サービスの提供に努める。

■ETHANE CRYSTAL概要
全長:227.85m
全幅:36.49m
満載時喫水:11.5m
総トン数:5万7494トン
貨物艙:GTT Mark Ⅲ メンブレン
貨物艙容量:8万7187.367m3 (100%)
主機関:DOOSAN-MAN B&W 6G60ME-C9.5
航海速力:16.75ノット
建造造船所:三星重工業巨済造船所
船舶管理会社:MOL Tankship Management Asia Pte.Ltd.(本社:シンガポール)

最新ニュース