トッパンフォームズ/RFIDの一括管理アプリを開発

2016年11月01日 

トッパンフォームズは11月1日、スマートデバイスの拡張性を活かし、各種情報連携に対応するRFID(無線通信による個体認識)アプリケーションソフト「RFtouch(アールエフタッチ)」を開発、提供を開始した。

<各種情報連携に対応するRFIDアプリケーションソフト「RFtouch(アールエフタッチ)」の使用イメージ>
各種情報連携に対応するRFIDアプリケーションソフト「RFtouch(アールエフタッチ)」の使用イメージ

「RFtouch」はiOS対応アプリで、iPhoneまたはiPod touchと装着型リーダー・ライターを組み合わせて使用する。

RFIDを活用した個体管理は専用ハンディー端末と管理用PCでの運用が一般的だが、広域の現場や屋外での運用に課題を抱えていた。

「RFtouch」によりスマートデバイスでの運用が可能になることで機動性や操作性の向上に加え、端末が持つ通信機能によりリアルタイムでのデータ送受信からシステムアップデートまでの一元管理が可能になるなど利便性が飛躍的に向上する。

将来的にGPSで取得した位置情報やカメラ機能で撮影した画像をIDに付加し高精度なロケーション(位置)管理を実現するなど、スマートデバイスならではの拡張性も備えた優れたソリューションを提供していく。

トッパンフォームズでは、ICタグやシステム開発分を含め「RFtouch」で2019年に5億円の売り上げを見込んでいる。

最新ニュース