ヤマト運輸/羽田クロノゲートで仕分け品質向上を競う大会

2016年10月27日 

ヤマト運輸は10月26日、羽田クロノゲートにおいて、仕分け作業の品質向上を目的に「ベースマスターズ2016」を開催した。

<ベース品質技能コンテスト全国大会(一般部門)>
ベース品質技能コンテスト全国大会(一般部門)

「ベースマスターズ2016」は、ベース店作業スタッフが仕分け作業の品質を競う「第2回ベース品質技能コンテスト全国大会」と小集団によって業務改善活動を行うベース・グループ・マネジメント(BGM)の取り組み成果を披露する「第1回BGM改善活動発表会」で構成する。

日々発送・到着する荷物を仕分けするベース店には、作業スタッフが約4万名在籍している。

ベース担当作業スタッフが日頃の業務のなかで積み重ねた技能や取り組みを全国規模で披露する機会を創出することで作業の品質向上を図ると共に、一人ひとりのモチベーションを高め、BGMによる自律的な改善活動を推進するため、全国の支社予選を勝ち抜いたベース店作業スタッフ75名が参加する「ベースマスターズ2016」を、開催した。

■大会結果
一般部門 団体表彰
優勝:東京支社 羽田クロノゲートベース
個人表彰
流し作業:北海道支社札幌ベース 堀籠 俊介

コモノ部門 団体表彰
優勝:東京支社 羽田クロノゲートベース
個人表彰
東京支社:羽田クロノゲートベース 島津 愛

第1回BGM改善活動発表会
最優秀賞:東北支社 山形ベース 日勤ドライ作業グループ

最新ニュース