丸運/4~9月の売上高4.5%減、営業利益2.0%減

2016年10月26日 

丸運が10月26日に発表した2017年3月期の第2四半期決算は、売上高224億3800万円(前年同期比4.5%減)、営業利益2億1500万円(2.0%減)、経常利益2億6500万円(1.8%増)、当期利益8000万円(前期は3億1400万円の当期損失)となった。

貨物輸送は、新規業務の獲得はあったが、一部顧客の契約解除等により既存顧客の取扱いは減少した。扱別では保管が増量となったものの、区域・特別積み合せ等の輸送量が減少となった。

売上高は前年同期比1.4%減の114億5100万円となったが、経常利益は軽油単価の下落によるコスト減および連結子会社の収支改善効果から、前年同期比2700万円増の3億500万円となった。

潤滑油・化成品の売上高は23億1300万円(4.5%増)となり、経常利益は前年同期比1300万円増の6100万円となった。

流通貨物の売上高は2億9200万円(72.1%減)、経常損失は前年同期比5200万円減の1800万円となった。

国際貨物の売上高は、前年同期並みの26億7400万円となった。一方、経常損益は丸運物流(天津)の事業基盤構築の初期投資などのコスト負担から、前年同期比6300万円減の3300万円の経常損失となった。

石油輸送の売上高は56億8300万円(3.6%減)、経常損益は前年同期比3400万円減の3400万円の経常損失となった。

通期は、売上高466億円(2.8%減)、営業利益8億1000万円(16.5%減)、経常利益9億円(14.7%減)、当期利益4億6000万円(53.4%減)の見通し。

最新ニュース