DHLジャパン/Amazon Fashion Week TOKYOでデザイナーアワード発表

2016年10月24日 

DHLジャパンは10月17日から10月23日まで開かれたAmazon Fashion Week TOKYO2017 S/Sで、第11回「DHLデザイナーアワード」にsulvam(サルバム)の藤田哲平氏を選出した。

<DHLジャパンの吉本悟法人営業第五部長(右)よりデザイナーアワードを受け取る藤田哲平氏>
DHLジャパンの吉本悟法人営業第五部長(右)よりデザイナーアワードを受け取る藤田哲平氏

第11回目のDHL デザイナーアワードを受賞したのは、「第一回 TOKYO FASHION AWARD」を受賞後2014年、2015年とパリで展示会を開催。ミラノでのテキスタイル展「Milano Unica」に招聘され2015年に合同ショーに参加と、2013年にブランドを創設後、急速に海外での活動を拡げるブランド、sulvam(サルバム)。

「DHL デザイナーアワード」は、オフィシャルロジスティクスパートナーを務めるDHLジャパンが、日本の才能を世界へ送り出すことを目的に2011年に創設したアワード。

DHL ジャパンと日本ファッション・ウィーク推進機構(JFW推進機構)が、Amazon Fashion WeekTOKYOで発表されるコレクションの中から、高い創造性と技術を備え今後世界での活躍が期待される新進気鋭のデザイナーを選出し表彰する。

これまで、副賞としてDHLが提供する総額50万円相当の海外発送を活用し、多くのデザイナーが海外との新規取引を増やし海外進出への基盤を築いてきた。

DHLジャパン山川丈人社長は、「海外市場、特に新興国での事業展開は、今や、日本のファッション・アパレル企業の成長戦略に欠かせないものとなっている。世界各地のローカルマーケットの特性に応じて嗜好を商品企画に反映し在庫を調整するサプライチェーンの柔軟性は、企業にとっての競争力を大いに左右する。グローバルロジスティクスのマーケットリーダーとしてDHLは、これからも日本の顧客の海外展開を強力にサポートしていく」と述べている。

最新ニュース