住友倉庫/タイ・レムチャバン地区に延床1万m2の新倉庫竣工

2016年10月19日 

住友倉庫は10月19日、タイの子会社Sumiso(Laem Chabang)が、同国レムチャバン地区で建設していた倉庫が竣工したと発表した。

<竣工した新倉庫>
竣工した新倉庫

タイにおいて、アユタヤ、バンコク、レムチャバン、スワンナプーム国際空港に拠点を置き、物流業務全般を取り扱っており、引き続き旺盛な物流需要が見込まれることから同国最大の貿易港を抱えるレムチャバン地区に新たに倉庫を建設した。

新倉庫はレムチャバン港から車で約20分の距離にあり、輸出入貨物の保管・集約拠点として利用できるほか、高速道路からも至近なため、タイ国内各地へのアクセスも良好で、国内向け貨物の配送拠点としても最適な立地。

延床面積は約1万m2で、奥行15mの庇を設置し、雨天荷役にも対応。

倉庫内は柱間隔を広くとっており、小型部品から長尺貨物まで多様なニーズに対応する。

新倉庫の隣に、今後第2期倉庫の建設を検討しており、更なる業務拡大を目指す。

■新倉庫の概要
所在地:1/28 Moo.3, Takhiantia, Banglamung, Chonburi 20150, Thailand
構造:鉄筋コンクリート造平屋建1棟
敷地面積:4万4270m2
延床面積:9990m2
設備:ドックレベラー8基、監視カメラ
竣工日:10月14日

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集