日立物流、SGHD/東南アジアでクロスボーダートラック混載輸送開始

2016年10月18日 

日立物流とSGホールディングスは10月20日、両社の海外事業会社である日立物流バンテック(タイ)と佐川急便ベトナムの共同配送により、タイ~ベトナム間のクロスボーダートラック混載輸送サービスを開始する。

<スキーム図>
スキーム図

<ルート図>
ルート図

タイ・ラオスの国境に両社の貨物積み替え拠点を設け、日立物流バンテック(タイ)がタイ国内輸送を、佐川急便ベトナムがベトナム国内とベトナム・ラオス間輸送を担う新たな共同配送ルートを確立。

タイ・ラオス国境でコンテナごとそれぞれの車両へ積み替え、新たな貨物を載せた車両が各社の拠点まで輸送する。

連携により、海上輸送では集荷~指定場所への配送まで8営業日かかるところ、クロスボーダートラック混載輸送により4営業日での配達が可能となる。

安定した車両確保に加え、積み替え地(越境地点)での荷扱い工程を省くことができ、定期運行の実現と安全・高品質な輸送サービスの提供を可能とした。

タイ~ベトナム間でのクロスボーダートラック混載輸送サービスのスキームは、タイ(バンコク)ハブ拠点とベトナム(ハノイ)ハブ拠点間を結ぶ約1500km の共同配送(バンコク~ムクダハン・サワンナケート~ハノイ)で、輸送周期は週1便、リードタイムは4営業日となる。

メリットとして、40ft コンテナスイッチにより、積み替え工程における破損リスクを低減、航空便よりローコスト、海上便に比べリードタイムを4日間短縮、週1便の定期混載便の運航により小ロット需要にも対応を挙げている。

日立物流バンテック(タイ)はタイ国内全域、佐川急便ベトナムはベトナム国内全域の輸送ネットワークを強みに、それぞれ東南アジアネットワークを強化してきたが、隣国間の輸送においては、越境後の輸送を他社に委託せざるを得ず、車両の安定的な確保が課題となっていた。

最新ニュース