富士フイルム/ミャンマーに新会社設立、物流センターも併設へ

2016年10月17日 

富士フイルムは10月17日、ミャンマーでの販売体制を強化するため、同社イメージング製品、メディカル製品とグラフィック製品の輸入卸販売を行う新会社「FUJIFILM MYANMAR INVESTMENT LIMITED(フジフイルム ミャンマー インベストメント」を設立した。

ティラワ経済特別区に物流倉庫、顧客向けに同社製品のデモンストレーションなどを行うサービストレーニングセンターを併設する新会社を建設し、2017年春に営業を開始する。

新会社はミャンマー政府が進める外資規制緩和政策に沿って、ティラワ経済特別区に同社製品の輸入卸販売を行う新会社を設立した。

新会社は、同社製品を輸入・販売し、これまで以上に現地に密着したマーケティング活動を行う。

また、物流倉庫を新たに建設することで、タイムリーかつ効率的な製品デリバリーを実現する。

さらに、顧客向けに写真プリント受付機、ミニラボ、医療用デジタルX線画像診断装置、ワイドフォーマットインクジェットプリンターなど製品のデモンストレーションやトレーニングを実施するサービストレーニングセンターを設立し、顧客サポートのさらなる充実を図る。これらの取り組みにより、販売体制を強化し、ミャンマーでのビジネス拡大を加速させる。

■新会社概要
会社名:FUJIFILM MYANMAR INVESTMENT LIMITED
所在地:ミャンマー連邦共和国、ティラワ経済特別区
設立:2016年8月
営業開始:2017年春
資本金:600万USドル(約6億円)
事業内容:イメージング製品、メディカル製品、グラフィック製品の輸入卸販売
従業員数:約35名(営業開始時点計画)

最新ニュース