野村不動産/女性活躍推進法に基づく認定マークで最高評価

2016年10月14日 

野村不動産は10月13日、女性の活躍推進に関する取り組みの実施状況等が優良な事業主として、厚生労働大臣より「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律(女性活躍推進法)」に基づく最高評価の認定を受けたと発表した。

<認定マーク「えるぼし」3段階目>
認定マーク「えるぼし」3段階目

「えるぼし」は、女性が個性と能力を十分に発揮できる社会を実現するために4月に施行された「女性活躍推進法」に基づく、女性の活躍度を測る認定制度。

認定は、5つの評価項目のうち、基準を満たした項目数に応じて3段階に分類されており、野村不動産は5つの項目すべてにおいて基準を満たしたことから、最高評価となる3段階目の認定を取得した。

「ダイバーシティ経営」を経営戦略の一つに位置づけ、女性を含めた多様な人材が、各々の能力を十分に発揮できる企業風土の醸成に向けて、ダイバーシティ推進活動に取り組んでいる。

女性が活躍できる環境整備(女性総合職採用のための「女性フォーラム」の開催、育児・介護を含む両立支援及びキャリアアップ支援の制度整備、社員への啓蒙活動など)を行ってきたことが、今回の認定取得につながったものと考えているとしている。

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集