ファーストリテイリング/国内10か所に次世代物流センター

2016年10月13日 

ファーストリテイリングは10月13日、柳井 正会長兼社長が「2016年8月期の業績と今後の展望」を発表した。

<有明 多機能型物流センター>
有明 多機能型物流センター
(大和ハウス工業提供)

有明と同様な次世代物流センターを国内で(札幌・仙台・名古屋・大阪・神戸など10か所)稼働させる。さらに、中国、欧州、北米の海外市場でも稼動を計画する。

最大の目標をお客を中心とした、本当に要望される商品の「素材調達・企画・デザイン・生産・販売までの一貫したサプライチェーン」すべてを変革し、情報製造小売業になると定義した。

そして、情報製造小売業になるためにはサプライチェーンの大改革が不可欠とした。

顧客の要望に応えるサプライチェーンに改革するため、工場や生産のあり方も改革し、工場・生産地に物流プラットフォームを作り、生産リードタイムと、配送リードタイムを大幅に削減し、顧客の要望に即応える体制にする。

Eコマースの対応では、店舗との融合を進め、ユニクロ会員向けの特別サービスとして、店舗決済・EC配送、クリック&コレクト(店舗受け取り)、コンビニ受け取りなどを行う。

さらに、当日・翌日配送のエリア拡大と、配送リードタイムの表示を行う。

最新ニュース

物流用語集