商船三井/四国電力向け新造石炭専用船、外航輸送契約を締結

2016年10月11日 

商船三井は10月11日、四国電力と石炭専用船外航輸送契約を締結し、新造石炭専用船の造船契約を今治造船と締結した。

新造船は、2000年より四国電力向け専航船として活躍している石炭専用船「たちばな」の後継船として、2020年上半期の竣工を予定し、四国電力の石炭火力発電所向け石炭輸送の中心的役割を担う。

新造石炭専用船は、商船三井の提案によりホールドダブルハル構造を採用、バラスト水兼用ホールドを不要にした設計としており、安全性、信頼性をより高めて、最新の環境保全・安全仕様を実現する。

主な揚地である四国電力橘火力発電所への輸送量や揚げ荷役効率を最適化するべく専用設計した、先進的で画期的な最新鋭船としている。

■新造石炭船要目
全長:274.90m
全幅:47.00m
型深:22.50m
載貨重量:14万400トン

最新ニュース