ニチユ三菱フォークリフト/ユニキャリアを子会社化

2016年09月29日 

ニチユ三菱フォークリフトは9月29日、持分法適用関連会社であるユニキャリアの株式を追加取得により連結子会社化し、株式譲渡契約を締結した。

次のステップとして、2017年10月を目標としたニチユ三菱フォークリフトとユニキャリアの経営統合のための諸準備を開始する。

今年3月31日に三菱重工フォークリフト&エンジン・ターボホールディングス(M-FET)と共同でユニキャリアホールディングス(現 ユニキャリア)の発行済株式の100%を取得し(株式取得割合は、当社35%、M-FET65%)、ユニキャリアをニチユ三菱フォークリフトの持分法適用関連会社とした。

M-FETは、三菱重工グループの中で相互に親和性の高いフォークリフトをはじめとした物流機器と、エンジン、ターボチャージャの3事業の統括会社として三菱重工業の全額出資により本年3月1日付けで発足し、現在、議決権の49.4%を所有する親会社。

その後、ニチユ三菱フォークリフトとユニキャリアは世界第3位のポジションをより確かなものとして、成長を続けるためのさまざまな戦略テーマについて協議を重ねた結果、両社が育んできたブランドへの顧客の信頼や顧客の業態ごとのニーズに応える商品作りを目指し、顧客の期待に迅速かつ的確に応えることを最優先とすることで一致した。

その上で、両社がグローバル企業として世界のトップグループを目指していくためには、早期にお互いのノウハウや人材リソース、各種のインフラを持ち寄って、シナジー創出を加速することや経営資源の効率的な活用、戦略展開における指揮系統の明確化などが不可欠であるとの認識に至った。

早期の経営統合が必須であると判断し、経営統合に向けたステップとしてニチユ三菱フォークリフトがユニキャリアを子会社化する
ことで、販売・開発・生産などあらゆる事業領域における意思決定を迅速化して、シナジーの最大化・早期化をはかり、事業規模拡大を追求することが可能になるとの結論に至った。

今回の決定により、三菱重工グループの総合力をより有効に活用し、事業拡大を目指すため、M-FET が所有するニチユ三菱フォークリフトA種種類株式の一部について、付与された普通株式を対価とする取得請求権を行使することにより、M-FET のニチユ三菱フォークリフトに対する議決権比率を 49.4%から51%へ引き上げ、連結経営シナジーを更に追求することで合意している。

■異動する子会社(ユニキャリア)の概要
名称:ユニキャリア
所在地:神奈川県川崎市幸区新小倉1-2
事業の内容:フォークリフト、コンテナキャリア、トランスファークレーン等各種運搬機械の開発・製造および販売
資本金:97億6000万円
設立年月日:1949年2月17日
株主:三菱重工フォークリフト&エンジン・ターボホールディングス65.0%、ニチユ三菱フォークリフト35.0%
2016年3月期の業績:売上高1962億1300億円、営業利益57億4900万円、経常利益43億2200万円、当期利益2億2700万円

最新ニュース