JR貨物/根室線不通で代替輸送を追加

2016年09月21日 

日本貨物鉄道は9月21日、現在も不通となっている根室線新得~芽室間について、追加対策を発表した。

道東地区の馬鈴薯輸送の拡大をはかるため、苫小牧貨物駅~熊谷貨物ターミナル駅間の区間において利用運送事業者によるトラック輸送を実施し、これに対応して区間列車の運転を9月17日から行っている。

貨物(馬鈴薯)をトラックで苫小牧貨物駅まで輸送し、駅構内でコンテナに積み込んだうえで、区間列車により鉄道輸送を行う。

輸送力は片道85個(5トンコンテナ)。

<北海道道東地区 トラック代行等イメージ 根室線関連 9/21現在 ※赤字赤線部が追加対策>
北海道道東地区 トラック代行等イメージ 根室線関連 9/21現在 ※赤字赤線部が追加対策

今回の追加により、根室線不通区間において、既に実施済みのトラック・船舶による代行輸送を合わせた提供輸送力は最大379個(5トンコンテナ換算)となる。

根室線は、8月下旬に北日本に相次いで上陸した台風9号と10号の影響により、根室線新得~芽室間において、橋梁流失等が複数箇所で発生し現在も不通となっている。

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集