NEXCO中日本/9月に重量超過車両の告発、過去最多の6社

2016年09月14日 

中日本高速道路(NEXCO中日本)と日本高速道路保有・債務返済機構は9月14日、連名で警察機関に過去最多となる6社を告発したと発表した。

<告発を行った会社名と違反概要>
告発を行った会社名と違反概要

違反は、車両制限令で定められた一般的制限値25トンを大きく超過する車両総重量で大型トレーラーを通行させていたことから、極めて悪質な違反と考えている。

重機運輸機工については、以前高速道路機構と東日本高速道路が連名で告発をおこなっているが、その後再度悪質な違反が確認されたことから再度告発を実施する。

告発した運送会社は、すべてこれまでも道路法違反を繰り返しおこなっていた。

昨年1月に国土交通省から、車両総重量が基準の2倍以上の重量超過の悪質違反者に対しては、その違反の事実をもって告発をおこなう実施方針が打ち出されたことに伴い、高速道路機構と中日本高速道路を含む高速道路6会社は、高速道路における悪質違反者への厳罰化を図っている。

高速道路機構と中日本高速道路は、今後とも関係機関と連携を図り、道路法違反車両に対しては厳正に行政措置をおこない、安全で円滑な交通の確保に努める。

最新ニュース