凸版印刷/曲がる電子ペーパー開発、製造・物流でも用途拡大へ

2016年09月14日 

凸版印刷は9月14日、台湾のE Ink Holdings社と共同で1枚のTFT駆動背面板で構成されたフレキシブルかつフルカラーの電子ペーパーとして世界最大となる32インチの試作品の開発に成功したと発表した。

<32インチ・フレキシブルカラー電子ペーパーの試作品>
32インチ・フレキシブルカラー電子ペーパーの試作品

E Ink 社によって製造され、カラー用の「E Ink Pearl」前面板と、高精細フレキシブル基材による「Mobius」背面板の組み合わせによって構成されている。

凸版印刷は、フレキシブル背面板に、位置精度良くカラーフィルタを形成する技術と、外からの光を反射して表示する電子ペーパーの表示特性に適した色再現技術を確立。電子ペーパーに合わせて最適化した、電子ペーパー向けカラーフィルタを開発したことで、従来よりも明るい色調の再現を可能にした。

両社は、フレキシブルなフルカラー電子ペーパーの共同開発を進め、2017年末までの商用化を目指すとともに、防災、交通、製造・物流、小売、金融など幅広い分野で、電子ペーパーの用途拡大に向けた取り組みを共同で推進していく。

なお、試作品は、9月14日から16日まで開催される「第18回自動認識総合展」のトッパンブースにて、日本で初公開される。

■フレキシブルカラー電子ペーパー試作品の概略仕様
表示部寸法:横691.2mm×縦388.8mm(対角32インチサイズ)
カラーフィルタ:RGBW正方パターン
画素数:横1280×縦720カラー画素(背面板サブ画素数: 横2560×縦 1440)
画素ピッチ:540um (インチ当たり47画素)
表示色:4096色(RGB各色4ビット)
コントラスト比:10:1~12:1(代表値)
前面板: E Ink Pearl
背面板: E Ink Mobius

最新ニュース

物流用語集