佐川急便、JSTO/おみやげ農畜産物検疫受円滑化で取り組み開始

2016年09月05日 

佐川急便とジャパンショッピングツーリズム協会(JSTO)は9月5日、農林水産省の「おみやげ農畜産物検疫受検円滑化支援事業」の実施主体となり、直売所、道の駅等に立ち寄る訪日外国人旅行者やクルーズ船で訪日する外国人旅行者に対して、お土産として購入した農畜産物を国外へ持ち出す際に必要な動植物検疫手続きの円滑化に向けた取り組みを開始したと発表した。

<実施場所>
実施場所

お土産用農畜産物の持ち帰りに当たっては、持ち出す相手国や品目によって動植物検疫の条件が異なることや、手続きがわかりにくいため、訪日外国人の手間となっている課題があった。

動植物検疫手続き上の課題解決を図り、国外への持ち出しに検疫を必要とする外国人が円滑に農畜産物を持ち帰られるように、道の駅の直売所等で購入した農畜産物の持ち帰りを円滑化させる仕組みの拡大を図る。

訪日外国人や販売事業者に対する動植物輸出検疫条件の周知では、直売所や道の駅等、全国15か所の店頭で、品目別国別に異なる輸出植物検疫の条件表を掲示する。直売所等がシンガポール向け畜産物輸出検疫条件を紹介するリーフレットを店頭設置する。

検疫手続円滑化の仕組みの構築では、輸出植物検疫の申請書を店頭に設置し、販売事業者が輸出植物検疫を必要とする訪日外国人旅行者に対して、申請書の記載をサポートする。

訪日旅行客が購入した農畜産物のうち、輸出検査が必要なものについて、物流業者や旅行業者が受検を代行した上で、訪日旅行客の帰国日に合わせて空港に届け、検疫済みの農畜産物を空港で受け渡す取組等を実施する。

クルーズ船客に対し農畜産物の持ち帰りを円滑化させるモデルの構築(実施主体:佐川急便)を図る。

クルーズ船寄港地付近の直売所やショッピングモール等へ、クルーズ船で訪日する外国人旅行者を誘導し、スムーズに検疫手続ができることを案内する。

販売事業者等が、訪日外国人旅行者に対して動植物輸出検疫の申請書記載サポートを行う。クルーズ船客の訪日観光中に物流事業者等が検疫手続を代行し、クルーズ船で出国する際にターミナル付近のブース等で検疫済農畜産物を引き渡す等を行う。

最新ニュース