ヤマトアジア/マレーシアのクロスボーダ陸上幹線輸送会社を買収

2016年08月31日 

ヤマトグループの東南アジア地域統括会社のYAMATO ASIA(以下:YA)とマレーシアを本拠地とするクロスボーダー陸上幹線輸送事業者OTLグループは8月31日、OTLグループの3社の株式取得とベトナム事業の取得に関して合意したと発表した。

OTLグループの3社は、CKE、OTL(MY)、OTL(TH)。

合意内容は、YAがCKE株式を100%取得した上で、YA(間接保有含む)とCKEがOTL(MY)とOTL(TH)の株式の過半数を取得し、経営権を保有する。

ベトナムではCKEの新規設立会社が事業取得し、継続して事業を行っていく。

YAは、これまでも国際複合輸送サービスを提供してきたが、日本を中心とした航空輸送、海上輸送サービスの提供、各国内でのロジスティクスや小口配送に留まっていた。

今回の買収によりOTLグループが持つシンガポールからマレーシア、タイ、ラオスやカンボジア、ベトナム、中国と6か国間を結ぶ約6000kmの幹線輸送ネットワークを取得することで、アセアンと中国でのクロスボーダー陸上幹線輸送サービスを提供する事が可能になる。

アセアン各国で展開を進めている小口輸送ネットワークとロジスティクス機能を結合することにより、アセアン域内で本格的な小口混載を実現するクロスボーダー輸送サービスを提供していく。

今後もアセアン各国でのラストワンマイルネットワークの構築を加速させると同時に、ますます高まるアジアにおける物流ニーズに応える付加価値の高い物流サービスを提供していくとしている。

なお、ヤマトグループは、2010年からシンガポール・上海・香港・マレーシアの各地で宅急便サービスを展開し、各国での事業を拡大してきた。

2016年にマレーシアにおいてGD EXPRESSと資本・業務提携を行い、同年タイでSCGと合弁会社を設立し、宅急便サービスを展開するなど、業務提携とM&Aを積極的に検討し進めてきた。

2019年には、アジアで展開している各国の小口輸送ネットワークとロジスティクス・フォワーディング機能を結合し、小口混載輸送を行うクロスボーダー・ネットワークの構築を目指している。

■対象会社概要
会社名:CKE Transport Agency Sdn.Bhd.
設立年:1994年
資本金:77万RM(約1900万円)
従業員数:237名
主な株主・出資比率:Chia Koy Ee:100%(間接保有含む)
所在地 Penang, Malaysia
主な事業内容:マレーシアにおける国内輸送事業 等

会社名:Overland Total Logistic Services(M)Sdn.Bhd.
設立年:2001年
資本金:50万RM(約1300万円)
従業員数:55名
主な株主・出資比率:Poh It Pen:30% CKE:20% Chia Koy Ee:20% 他
所在地:Penang, Malaysia
主な事業内容:マレーシアにおける国内輸送・越境陸送事業、倉庫事業 等

会社名:Overland Total Logistics(Thailand) Co.,Ltd.
設立年:2008年
資本金:2630万THB(約7900万円)
従業員数:35名
主な株主・出資比率:CKE社:45% OTL(MY)社:16.4% 他
所在地:Bangkok, Thailand
主な事業内容:タイにおける国内輸送・越境陸送事業 等

最新ニュース