ヤマトHD、JTB、パナソニック/手ぶら観光支援サービスで実証実験

2016年08月31日 

ヤマトホールディングス、ジェーティービー(JTB)、パナソニックの3社は8月31日、国内での手ぶら観光を支援するサービス「LUGGAGE-FREE TRAVEL」の実証実験を9月から実施すると発表した。

<LUGGAGE-FREE TRAVELサービスの概略図>
LUGGAGE-FREE TRAVELサービスの概略図

言葉の壁や受付場所の制約を解消し、訪日外国人に手ぶら観光の日本ならではの利便性や安心感を広く体験してもらうため、3社で「LUGGAGE-FREE TRAVEL」サービスの実証実験を9月から東京都心エリアを基点に実施する。

JTBの予約管理システム「GENESIS」で、対象ホテルの宿泊を訪日前に購入する外国人客を対象として手ぶら観光支援サービスを告知、提供する。サービス申込者には受付用番号とバーコード付きバウチャーが発行する。

旅行先の日本では、専用端末に受付用番号もしくはバーコードを認証させることで、宿泊先などサービス提供に必要な情報が、パナソニックが運営・管理するサーバー「Traveler Relationship Management」を経由して、ヤマトグループの宅急便送り状発行システムに送信される。受付した大型手荷物の集荷および配送のオペレーションは、ヤマト運輸が行う。

羽田空港国際線ターミナルでも、京浜急行電鉄が運営する京急ツーリストインフォメーションセンター内にて、大型手荷物の預けが可能となる。

実証実験の実施期間は、9月1日~10月31日で、旅程情報システムと送り状発行システム連携等の検証と宿泊施設での荷受・送り状発行時の操作性や有効性、訪日外国人客にとっての利便性を検証する。

実施施設は、羽田空港(1か所)と都内ホテル(6か所)にサービス受付用端末を設置する。羽田空港は国際線ターミナル京急ツーリストインフォメーションセンター「LUGGAGE-FREE TRAVEL」カウンター、都内ホテルは、京王プラザホテル、サンルートプラザ新宿、ホテルサンルート東新宿、イビス東京新宿、ホテルサンルート有明、ホテルインターコンチネンタル東京ベイ。

実証実験に使用する機器は、タブレット端末(受付用端末)で10型クラス。日英中韓に対応する。専用プリンターはシール式宅急便伝票印字用で日英表記。ネットワーク接続機器は専用ルーターで無線LANに接続する。

なお、JTBは人々の交流を創造し感動と喜びを提供する「交流文化事業」に、パナソニックは2020年とその先にある「未来の暮らし」の実現に向けたソリューションの提案に、ヤマトグループは「Let’s Enjoy Hands-Free Japan ~さあ、日本を“手ぶら”で楽しもう!~」を掲げ、日本ならではの手ぶらサービスの推進に取り組んでいる。

それぞれがこれまで培ってきた知見やノウハウ、技術を掛け合わせることで、持続的に発展し得る新たな事業機会を拓くとともに、訪日外国人客がより簡単、便利、安心に手ぶら観光を楽しむことができる新たなプラットフォームを形成するよう、3社連携した取り組みを進めていく。

最新ニュース

物流用語集