栃木県、佐川急便/包括連携協定を締結

2016年08月30日 

栃木県と佐川急便は8月30日、栃木県の地域活性化と県民サービスの向上を目的とした「包括連携協定」を締結し、8月29日、栃木県庁で締結式を行ったと発表した。

主な協定内容は、栃木県内の観光振興に物流面で協力し、県内の観光・地域振興イベント等の情報発信を行う。

栃木県産品の流通・販売促進について、県産品のPR・販路及び消費拡大に協力する。

災害支援では、災害時における救援物資の集配・仕分け・保管・輸送等の協力、集配中に土砂崩れや道路・河川等の異常を発見した場合は、最寄の行政機関に情報を提供する。

地域・暮らし・安全では、女性や子ども、高齢者等の安全に関し従業員の理解促進を図るとともに日常業務における見守りを行う。

個人宅の集荷時に高齢者等への声掛けを実施し、現金送付型の特殊詐欺被害防止に協力する。

集配中に道路の陥没等、安全な道路交通を妨げる事象を発見した場合、県に情報提供を行い、栃木県内の集配車に「スピードダウン推進車」の啓蒙・啓発シールを貼付する(期間限定)としている。

男女共同参画に取り組むとともに、女性活躍関連イベントへの参画や協力、情報の発信等に積極的に取り組み、幼稚園や小学校を中心に交通安全教室を開催する。

高齢者の社会参加を促進し、集荷・配送時における障害者の見守りや介助を行う。

営業所周辺の県管理道路における清掃等の環境美化活動を行う。

最新ニュース