センコー/イオン西関東エリア店舗向け物流業務を受託

2016年08月24日 

センコーは8月24日、イオングローバルSCMが神奈川県愛川町に開設した西関東LC(ロジスティクスセンター)の構内作業、配送業務などを受託し、8月から業務を開始したと発表した。

<GLP厚木IIの1階から4階部分を使用した西関東LC>
GLP厚木IIの1階から4階部分を使用した西関東LC

西関東LCは、グローバル・ロジスティック・プロパティーズの「GLP厚木II」の1階から4階部分を使用する。

新センターは、圏央道の相模原愛川IC至近で、東名高速や中央道へのアクセスにも便利な立地。主に、東京都下、神奈川など西関東地域のイオングループ各店舗向けの商品供給を担う。

センター内には、自動仕分け機、2台の荷物用エレベーター、4台の垂直搬送機を設け、作業効率の向上を図る。また、センコー独自の配車支援システム等を導入し、効率的な配車業務を行う。

イオンの物流業務は、「北海道RDC」(2005年稼働)、「東北RDC」(2006年稼働)、「北関東RDC」(2011年稼働)に続き、センコーでは4番目のセンター業務受託となる。

■施設の概要
名称:西関東LC
所在地:神奈川県愛甲郡愛川町中津字桜台4022-2
設備:仕分けソーター、垂直搬送機4基、貨物用エレベーター2基
   1、3、4階にトラックバース(約90台分)

最新ニュース