NEXCO東日本/41.35トンの重量超過車両を埼玉県警に告発

2016年08月08日 

NEXCO東日本と日本高速道路保有・債務返済機構は8月8日、連名で重量超過車両を埼玉県警察本部交通部高速道路交通警察隊に告発を行ったと発表した。

<状況写真>
状況写真

今年2月23日に、常磐自動車道下り線三郷本線料金所において、道路法第47条第2項に違反して、大型トレーラーを通行させた運転手を同法第104条第1号、その雇用主であるコスモロードを同法第107条に該当するものとして、埼玉県警察に告発した。

この運転手と雇用主は、2月23日に、車両制限令で定められた一般的制限値を大きく超過する車両総重量66.35トン(41.35トンの超過)の大型トレーラーを通行させていたことから、極めて悪質な違反。

また、今回告発した運送会社は、これまでも道路法に違反する事実が多く確認されていたため、高速道路機構及び NEXCO東日本では、違反の都度、高速道路からの退出等の措置命令や対面での改善指導を行いましたが、改善がみられず、今回もこのような違反行為が行われていた。

最新ニュース

物流用語集