日通商事/高校生がトレーラ製作を見学

2016年08月04日 

日通商事は8月4日、東京都立高島高等学校の1年生35名が7月8日に同社東京製作所に来所し、職場見学会を行ったと発表した。

<見学会の様子>
見学会の様子

見学会の様子

同社のホームページを通じ、「NPO法人21世紀教育研究所」から依頼を受けたもので、学生が実際の職場を見学し、学校では得られない経験をすることで、個々人の生き方に合った多様な進路選択を支援する活動に協力したもの。

見学会では、日通商事と整備製作部門の紹介と東京製作所の概要・仕事内容について説明を行った。

東京製作所がさまざまなニーズに合わせたトレーラを製作し、物流に深く変わっているという講師の説明に注意深く耳を傾けていた。

続いて、2グループに分かれて工場見学と品質管理検査体験を交互に実施した。工場見学では、実際に溶接作業や塗装作業を見学し、トレーラがさまざまな工程を経て実際に製作されている様子を見学した。

一方で、実車を使用した品質管理検査体験では、タイヤの向きを調整するアライメントテスターを使用し、保安基準をクリアするために必要な検査の一部を体験した。

初めは緊張していた学生も、指導員の説明を受け、積極的に質問をしていくうちに緊張も解け、和気藹々とした雰囲気で終わることができた。

最後に学生の皆さんから感謝の言葉、東京製作所長からの挨拶、記念品の贈呈を行い、職場見学会は無事終了した。

最新ニュース

物流用語集