ヤマトフィナンシャル/マルチ電子マネー決済端末のレンタル利用拡大

2016年08月04日 

ヤマトフィナンシャル(YFC)は8月4日、複数の電子マネーを1台の端末で決済できる「マルチ電子マネー決済端末」のレンタルサービス導入を拡大していくと発表した。

<利用フロー図>
利用フロー図

2014年のレンタルサービス開始以降、販売が順調に推移していることに加えて、「FUJI ROCK FESTIVAL」や「肉フェス」「まんパク」「激辛グルメ祭り」「ガーリックパラダイス」などで導入が広がっている。

特に「FUJI ROCK FESTIVAL」では2014年には12台の導入台数だったが、2015年には33台、今年2016年には133台と10倍に増大となり、現金授受の負担や行列を軽減した他、90分待ちの行列ができると言われている「肉フェス」でも2014年から端末を導入し、食券を買う待ち時間ゼロ、商品を受け取るまでの時間半減を実現している。

事業者のメリットとして、最短1週間からのレンタルが可能なため、必要な時に短期間で利用できる。物品販売時の行列が軽減され、販売回転率の向上による売上増加が見込める。

電源と携帯電話網があれば導入可能なため、屋外での利用も可能。端末の操作が簡易で、経験や専門知識がなくても導入後すぐに利用できる。

YFCが窓口となり、各電子マネー事業者との契約・精算を一本化できる。現金払いと比較して、経理業務が軽減できる。また、支払い代金は、最短5営業日で精算できる。

今後もイベント主催者や購入者の会場内での決済シーンでの利便性を更に高めるため、さまざまなジャンルのイベントに対して提案を進めていくとしている。

関連キーワード:

最新ニュース