オリックス/大型物流施設の屋根賃借し、太陽光発電事業開始

2016年08月01日 

オリックスは8月1日、伊藤忠商事とメープルツリー・インベストメントが共同開発した大型物流施設「アイミッションズパーク堺」の屋根を賃借し、屋根設置型太陽光発電事業を開始すると発表した。

<アイミッションズパーク堺・太陽光発電所>
アイミッションズパーク堺・太陽光発電所

単独の物流施設での屋根借り方式の太陽光発電設備(「屋根借りメガソーラー」)としては国内最大級(最大出力2.75MW)。

屋根設置型太陽光発電事業は、顧客が所有する物流倉庫、商業店舗、工場などの屋根をオリックスが賃借し、太陽光発電設備を設置して発電する事業。

伊藤忠商事とメープルツリーが共同開発した物流施設の活用実績としては、アイミッションズパーク野田に続き2件目となり、合計で最大出力4.31MWの太陽光発電を行う。

オリックスは、現在、屋根設置型太陽光発電事業において、最大出力100MW以上、全国375サイト(内、運転開始済85MW、171サイト)で開発・運営を手掛けている。

今後も新築や既築を問わず、物流倉庫、商業店舗、工場などに「屋根借りメガソーラー」を提案するとともに、建物の付加価値向上や顧客の収益向上に貢献していく。

■アイミッションズパーク野田・太陽光発電所 事業概要
所在地:千葉県野田市泉2-1-1 他
設置場所:アイミッションズパーク野田
パネル枚数:5886枚
出力規模(モジュール容量):1559.79kW(1.56MW)
年間予想発電量(初年度)1,643,496kWh
(一般家庭約456世帯分の年間消費電力に相当)
運転開始時期:2016年3月10日
太陽光発電設備施工会社:三晃金属工業

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集