ヤクルト/ミャンマーに進出、工場は10月着工

2016年07月29日 

ヤクルト本社は7月29日、ミャンマーで乳酸菌飲料「ヤクルト」を生産する工場の建設を伴う新規進出を行うと発表した。

<完成イメージ>
完成イメージ

着工は10月の予定。

現在、ASEAN(東南アジア諸国連合)域内の10か国の内、7か国で主に「ヤクルト」を生産・販売をしている(生産は6か国)。ミャンマーは、ヤクルトが未進出の ASEAN3か国の中で最大の約5390万人の人口を有し、今後、経済発展が見込まれる有望な市場。

また、国民の健康に対する意識も高まっていることから、ヤンゴン市郊外のティラワ経済特別区で工場の建設を開始し、2018年春の生産・販売開始をめざす。

■ミャンマーヤクルトの工場概要
所在地:ミャンマー連邦共和国ヤンゴン市郊外ティラワ経済特別区内
敷地面積:約2万800m2
建築面積:約7453m2
延床面積:約9045m2
着工:2016年10月(予定)
生産開始:2018年春(予定)
生産品目:ヤクルト
生産能力:初期は13万4000本/日

最新ニュース