トヨタL&F/燃料電池フォークリフト、今秋発売

2016年07月26日 

トヨタL&Fは7月26日、日本初となる2.5トン積燃料電池フォークリフト(FCフォークリフト)の販売を今秋開始すると発表した。

<2.5t積 燃料電池フォークリフト>
2.5t積 燃料電池フォークリフト

FCフォークリフトは、トヨタ自動車の燃料電池自動車「MIRAI」と同じ燃料電池セルを使用し、発電効率の高いフォークリフト専用FCシステムを搭載している。

稼動時にCO2やNOxなどを排出しない優れた環境性能と、わずか3分程で燃料充填が完了するなど高い利便性を誇ることから、FCフォークリフトは顧客の物流ニーズに応える新たなフォークリフトとして将来性を有している。

外部給電機能を標準装備しており、災害などの非常時に電源としても活用可能。

今後、水素のインフラ確立や製造コスト低減による水素の普及が進むにつれて、工場、空港、そして市場など稼動時間が長く、使用頻度も高い顧客からFCフォークリフトへの関心が高まると想定している。

今回、FCフォークリフトの購入に際しては、環境省・国土交通省連携事業である「水素社会実現に向けた産業車両の燃料電池化促進事業」により、2016年度から2018年度の実施期間において、同クラスのエンジン車との価格差の半額が補助される。

メーカー希望小売価格は1400万円。

なお、トヨタL&Fは、これまで豊田合成北九州工場(2012年12月~2014年3月)、関西国際空港(2015年2月~)、周南市地方卸売市場(2015年10月~)の実証実験を通じて、Well to WheelでのCO2削減効果などの検証を行い、FCフォークリフトの本格的な市場投入にむけて開発を進めていくとしている。

最新ニュース