JICA/ルワンダで陸上輸送の円滑化と輸送コスト低減で円借款

2016年07月14日 

国際協力機構(JICA)は7月13日、ルワンダ共和国の首都キガリにおいて、同国との間で「ルスモ-カヨンザ区間道路改良事業」を対象として68億8900万円を限度とする円借款貸付契約に調印したと発表した。

<署名式の様子>
署名式の様子

事業は、ルワンダの物流の要衝であると共に、タンザニアを経てダルエスサラーム港に至る中央回廊に位置付けられるルスモ-カヨンザ区間道路の改修及び拡幅を支援することにより、陸上輸送の円滑化と輸送コストの低減を図り、当国と周辺国の物流の活性化に貢献するもの。

ルワンダは、近年GDP成長率が7%を超えるなど、その経済成長は目覚ましく「アフリカの奇跡」とも言われている。一方、内陸国であるため陸上運輸交通手段は道路のみであり、陸路を経由して外洋へ出るためには、ウガンダを経てケニアのモンバサ港に至る北部回廊もしくは、中央回廊を利用する必要がある。

例えばルワンダから最も近い国際港であるタンザニアのダルエスサラーム港まで輸送するためには、首都キガリ市から中央回廊を利用して約1400kmの距離を移動する必要がある。このようにルワンダからの輸送コストは極めて高く、輸入及び輸出品の原価額内訳において、輸送費が約40%を占めている。これは、近隣国ケニアの約12%と比較しても高い割合であり、経済開発を促進する上での大きな課題となっている。
 
JICAは、こうしたルワンダの物流改善に貢献するため、無償資金協力事業「ルスモ国際橋及び国境手続円滑化施設整備計画」により、ルワンダとタンザニアの国境に新橋及び国境手続き円滑化のための施設(ワンストップボーダーポスト:OSBP)を建設し、2016年3月1日から運用が開始された。

また、技術協力「東部アフリカ地域における国際貿易円滑化のための能力向上プロジェクト」を通じ、ルワンダを含む東アフリカ5か国に対してOSBP施設の運用能力向上も支援している。

これにより、この事業区間を含む中央回廊を経由したルワンダへの流通網が大きく改善すると共に、国境通過車両の通行規制の緩和、越境手続きの円滑化等が図られている。

最新ニュース