大和物流、東急、IROYA/新オムニチャネル支援サービス展開

2016年07月12日 

大和物流とIROYAは7月12日、資本業務提携を実施し、アパレル事業者に向けた新しいオムニチャネル支援サービス「Monopos」を共同展開すると発表した。

<Monoposのオムニチャネル支援サービスの全体像>
Monoposのオムニチャネル支援サービスの全体像

<Monopos在庫管理システム>
Monopos在庫管理システム

<Monopos顧客管理システム>
Monopos顧客管理システム

「Monopos」は従来のPOSサービスと比べて、導入と同時に実店舗とECサイトのリアルタイムな在庫共有が図れる。

これまで小売事業者はECサイトを展開した際は店頭以外にECサイト用に販売アイテムの在庫を分けて管理する必要があった。

店舗とECサイトの”在庫シェアリング”を実現するMonoposを利用すると、リアルタイムで店舗とECサイトのアイテム在庫を連携させることができる。

販売チャネルごとに在庫を用意する必要がなく、さらに販売の機会損失を防ぐため、アイテムの消化率を高めることができる。

また、ECサイト運営時の「ささげ」(ECサイトへアイテム掲載に必要な撮影・採寸・原稿)等、運用コストの削減が可能だ。

MonoposではECサイトの提供から、アイテムの撮影・採寸・原稿作成を含む商品登録、バーコード発行までのいわゆるフルフィルメント業務に各社のソリューションを集結し対応する。

これまで多くかかっていたコストやリソース不足でECサイトの展開が出来ていなかった事業主も、販売チャネル拡大に容易に取り組めるようになる。

さらに、導入する事で、在庫管理を簡易的にしながら、「第3のチャネル」として「色」を切り口にしたキュレーションコマース「IROZA」へ在庫シェアリング(共有)をすることが可能となる。

通常の商流・商習慣とは違った購買動向が発生する「IROZA」でブランドを毀損する事なく、商品の販売が同時に可能となる。

今後両社は、Monoposを共同展開し、アパレル事業者のオムニチャネル対応を支援していく。

なお、Monoposでは、東急電鉄、東急百貨店とも、オムニチャネル化が加速する小売流通業界での対応力強化を目的に、IROYAと業務提携を開始する。

<左からDaiwa GF Logiの久米健太郎社長、フレームワークスの秋葉淳一社長、IROYAの飽浦尚取締役、IROYAの大野敬太代表取締役、東京急行電鉄の堀江正博取締役、東急百貨店の石原一也執行役員>
左からDaiwa GF Logiの久米健太郎社長、フレームワークスの秋葉淳一社長、IROYAの飽浦尚取締役、IROYAの大野敬太代表取締役、東京急行電鉄の堀江正博取締役、東急百貨店の石原一也執行役員

大和物流は、グループ会社であるDaiwa GF Logiとフレームワークスで、アパレル・雑貨を中心とした小売・EC事業者向けに、リードタイムの短縮やチャネル別の在庫管理の一元化、物流の統合、システムソリューションなどのさまざまな経営課題に対する提案・各種サービスを提供している。

Daiwa GF Logiの久米健太郎社長は「千葉県印西市にある大和物流の物流センターを利用して、フルフィルメントサービスを提供する。今後、需要増とともに、全国に展開することになる」と話す。

物流センターのWMSシステムを提供しているフレームワークスの秋葉淳一社長は「IROYAさんとは衣料のプラットフォーム構築の中で出会った。中小ブランドに沿ったバックエンドサービスの提供、物流のクラウド化、販物一気通貫で連携したフルフィルメントサービスの提供が今回の提携で実現する。現在はバーコード管理で行っているが、いずれRFIDタグでの展開も考えている」と話した。

なお、IROYA は、「色から、モノを好きになる」をテーマに、e-コマースサイト&セレクトショップ「IROZA」の小売・通販事業に加え、「IROZA」での実店鋪 / e-コマースの運用経験を基にノウハウを集積し、アパレル事業者向けにPOSシステムなどの店頭業務やECサイトの構築支援など、小売流通業務に必要なさまざまな業務をサポートしている。

■「Monopos」基本プラン
在庫管理システム:EC と実店舗の在庫をリアルタイムに管理
POS レジ/決算機能:POS とレジ機能を持つアプリケーションを提供し、設備投資なくシステム導入可能へ(iphone とプリンターのみで管理)
受発注管理システム:複雑な受発注・請求、伝票管理を一元管理
配送ソリューション:開設業務なく、ヤマト運輸の配送サービスを利用可能
自社EC サイト構築:IROZA と同じテンプレートでのEC サイトの構築が可能

■「Monopos」オプション機能
ECサイトのカスタマイズ
ECネイティブアプリ開発
既存EC(Web/App)と在庫管理システムのつなぎこみ
物流拠点(フルフィルサービス)の提供
モールECとの連携
導入、運用コンサルティング

最新ニュース

物流用語集