スターアジア不動産/(仮称)原木ロジスティクスの優先交渉権取得

2016年07月08日 

スターアジア不動産投資法人は7月8日、スポンサー・グループに属する合同会社と売却優先交渉契約を締結し、優先交渉権を取得したと発表した。

物流施設は、(仮称)原木ロジスティクス。

都心部へのアクセスが良好であることに加え、羽田空港・成田空港へのアクセスも良く、航空物流にも対応することが可能であること、さらに最寄駅から徒歩圏内であるため従業員の通勤利便性も良好であり、その立地優位性からテナント利益に寄与するテナント訴求力の高い物流施設という。

なお、スポンサー・グループとは、スポンサー、スターアジア・マネジメント・ジャパン・リミテッド、本資産運用会社の親会社(スターアジア・アセット・マネジメント・エルエルシー)、マルコム・エフ・マクリーン4世、増山太郎、マルコム・エフ・マクリーン4世と増山太郎が投資判断を行うファンドの投資先であって、不動産その他の投資資産を保有し又は取得する日本に所在する投資ビークルをいう。

■(仮称)原木ロジスティクスの概要
所在地:千葉県市川市原木2526-42 ほか
アセットタイプ:物流施設
敷地面積:6240.96m2(敷地の一部に、通行、鉄道敷設のための地役権、地上権の設定)
延床面積:1万2471.50m2
構造・階数:鉄筋コンクリート・鉄骨造合金メッキ鋼板ぶき5階建
竣工年月日:2015年8月14日

最新ニュース

物流用語集