三井造船/二元燃料ディーゼル機関が学会で受賞

2016年07月08日 

三井造船は7月8日、同社が開発したメタノールと重油を利用する二元燃料ディーゼル機関(電子制御式リキッドガスインジェクションディーゼル機関)(ME-LG1)が、日本マリンエンジニアリング学会の「マリンエンジニアリング・オブ・ザ・イヤー2015」を受賞した。

ME-LG1機関は、メタノールやLPGなど液体の低引火点燃料をシリンダ内に噴射して燃焼することができる。開発は、MAN Diesel &Turbo社がコンセプト設計を担当し、三井造船が機関を開発した。

ME-LG1機関とメタノール供給装置の安全性検討は、国土交通省の「次世代海洋環境関連技術開発支援事業」に採択され、日本海事協会との共同研究の一環としている。

なお、メタノール焚きME-LGI機関は、南日本造船より受注し、商船三井向けメタノール運搬船に搭載されている。

最新ニュース