丸紅、昭和電工、千代田化工建設/植物工場を海外へ展開

2016年07月07日 

丸紅、昭和電工、千代田化工建設の3社は7月7日、共同で、完全人工光型植物工場の海外展開を推進していくと発表した。

<植物工場イメージと栽培棚>
植物工場イメージと栽培棚

第一弾として、3社は、アラブ首長国連邦(UAE)最大財閥の Al Ghurair Group(アルグレアグループ」)と共同で、2017年1月にドバイで植物工場の実証プラントを導入する。

アルグレアグループが1年間のフィールドテストを行う。同グループは、植物工場での栽培ノウハウの蓄積、及び中東におけるマーケティングを行うとともに、商業用の大型工場についても導入していく見込み。

植物工場とは、光、温度、湿度、養液供給などを屋内で人工制御し、年間を通じて計画的・安定的に野菜を生産する施設。

3社が推進する植物工場は、日照が不足または極端に変動する場所でも安定して栽培が可能な、完全人工光型。

昭和電工が開発した「S法(SHIGYO法)」を活用することにより、高い生育速度と収穫量を実現することができる。

照射するLED光の波長と強度を制御することで、野菜の味や硬さをコントロールすることもできる。

各社の役割として、昭和電工は「S法」と栽培システムを提供する。国内や宇宙ステーションでの作物栽培の実証研究で培ったノウハウを活用して千代田化工建設は設計・調達と管理を行う。

丸紅は植物工場の推進と市場開拓を行う。

最新ニュース

物流用語集