川崎汽船/次世代VLCCとアフラマックス型タンカー船隊整備

2016年07月07日 

川崎汽船とシンガポール現地法人”K”Line Pte Ltd (KLPL)は7月7日、次世代VLCC3隻、アフラマックス型タンカー2隻、計5隻を発注したと発表した。

発注したVLCC3隻は、川崎重工業で、2017年と2018年に各1隻計2隻が竣工予定、名村造船所で2018年に1隻が竣工予定。

KLPLが発注したアフラマックス2隻は、名村造船所で2018年と2019年に竣工が予定している。

川崎汽船とKLPLは、これら新造VLCC3隻及びアフラマックス2隻の発注により、既存船の代替を進め安定収益の拡充を目指す。

■新造VLCC主要目
建造造船所:南通中遠川崎船舶工程
竣工時期:2017年、2018年
全長:339.5m
型幅:60.0m
載貨重量トン:31万1360MT
タンク容積:34万8500立方m

建造造船所:名村造船所 伊万里事業所
竣工時期:2018年
全長:338.9m
型幅:60.0m
載貨重量トン:31万300MT
タンク容積:35万1500立方m

■新造アフラマックス主要目
建造造船所:佐世保重工業
竣工時期:2018年、2019年
全長:243.8m
型幅:42.0m
載貨重量トン:11万3000MT
タンク容積:12万5400立方m

最新ニュース