三菱ふそう/スーパーグレートをリコール

2016年07月07日 

三菱ふそうトラック・バスは7月7日、国土交通省にスーパーグレートのリコールを届け出た。

不具合の部分は原動機(エンジン制御プログラム変速機)。

大型トラック・バスのエンジン制御プログラムにおいて、低温時の補正制御が不適切なため、ピストンのピン穴上部に亀裂が生じる場合がある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、亀裂の進展によってピストンが損傷し、最悪の場合、火災に至るおそれがある。

全車両、エンジン制御プログラムを対策品に書換える。また、エンジンの油圧を
点検し、ピストンに亀裂が生じていると判断された場合は、ピストン一式を新品に
交換する。

リコール対象車の台数は計2650台。不具合の件数は16件、事故はなし。

■型式等は下記URLを参照。
http://www.mlit.go.jp/common/001137333.pdf

最新ニュース

物流用語集