プロロジス/市川市に6.4万m2の大型物流施設開発に着手

2016年07月06日 

プロロジスは7月6日、千葉県市川市の所有地で、マルチテナント型施設「プロジスパーク市川3」の開発に着手すると発表した。

<プロロジスパーク市川3の完成イメージ>
プロロジスパーク市川3の完成イメージ

8月末着工の予定だが、既に総面積の50%は、大手物流企業と賃貸借契約を締結済み。

開発地は、東京都心部から20km圏内、千葉県市川市の湾岸エリアに位置し、首都高速湾岸線千鳥町ICに至近(約5分)の立地で、東京都心部へのアクセスに優れ、高速道路を利用した広域配送にも適している。

周辺にはeコマースや通販企業を中心に、アパレルや日用雑貨を取り扱う物流施設が多数集積している。

2017年度内には東京外かく環状道路高谷IC(仮称)の開通が予定されており、首都圏全域へのさらなるアクセス向上が見込まれている。

また、JR京葉線市川塩浜駅から徒歩圏内(約10分)と通勤至便なため、豊富な周辺人口とともに、入居企業の雇用確保において大きな強みとなることが期待されている。

安定した稼働率を誇る「プロロジスパーク市川1」「プロロジスパーク市川2」に続く、同社3棟目のマルチテナント型施設。

施設計画では、約2万6500m2の敷地に、延床面積約6万4400m2の4階建てマルチテナント型施設として開発する。

各階に40フィートコンテナトレーラーが直接乗り入れることができるランプウェイを備え、各階約1万2500m2でのワンフロアオペレーションが可能。

24時間365日の操業を想定し、常時有人警備を実施する。

入居企業の事業継続性にも配慮し、緊急地震速報システムや衛星電話の導入に加え、非常用電源の設置を予定。庫内を含め施設全体にLED照明を採用するとともに、屋上には1.1メガワットの太陽光発電を設置するなど環境負荷軽減にも取り組む。

館内には無線LANや有線放送(BGM)を導入したラウンジ、喫煙所などの設置を計画中で、入居企業への「働きやすい環境」の提供をめざしている。

■計画概要
名称:プロロジスパーク市川3
所在地:千葉県市川市塩浜
敷地面積:約2万6457m2
延床面積:約6万4385m2
構造:鉄骨造、地上4階建
着工予定:2016年8月末
竣工予定:2017年12月

最新ニュース