パナソニック/山形県酒田市の山居倉庫にLED照明器具132台納入

2016年07月05日 

パナソニックのエコソリューションズ社は7月5日、山形県酒田市にある山居倉庫にLEDラインライト96台、LEDブラケット11台、LEDスポットライト25台の合計132台を納入し、8月からライトアップを開始すると発表した。

<山居倉庫のライトアップと導入LED照明器具>
山居倉庫のライトアップと導入LED照明器具

山居倉庫は、明治26年に建造された12棟からなる米の保管庫(農業倉庫)で、9棟の倉庫のほかに、酒田市観光物産館「酒田夢の倶楽」や庄内米歴史資料館として使用されている。

NHKの連続テレビ小説「おしん」のロケ地としても知られており、毎年多くの観光客が訪れている。

一方で、今まで夜間は、2棟のHID光源によるライトアップにとどまり、その他の10棟はライトアップされていなかった。

今回、12棟全てにLED照明器具を納入し、ラインライトとスポットライトを、それぞれ切妻と屋根の端部に器具が目立たないよう設置した。

演色性の高い温かみのある光が、歴史的な白壁を美しく照らし、二重屋根の構造美を最大限に演出している。窓には、建築デザインを引き立てるため、コンパクトかつ一体感のあるブラケットを採用した。

これらのLED照明器具は、調光制御により、眩しさを抑えるだけでなく、光漏れを防ぎ、光害対策にも配慮している。また、消費電力量は、従来光源では、1棟あたり574Wだったが、LED照明にすることにより220Wと約60%の省エネを実現。調光制御、点灯制御により、さらなる省エネも可能だ。

問い合わせ
パナソニック
エコソリューションズ社 マーケティング本部
市販営業 東北営業部
TEL:06-6908-1131

最新ニュース

物流用語集