日本自動車ターミナル/京浜トラックターミナルのA棟の正式名称決定

2016年06月28日 

日本自動車ターミナルは6月28日、大田区平和島の京浜トラックターミナルで計画を推進していた高機能型物流施設「A 棟(仮称)」を正式名称「ダイナベース 」として着工すると発表した。

<ダイナベースの完成予想図>
ダイナベースの完成予想図

供用開始後47年が経過する京浜トラックターミナルでの施設再開発計画の一環で、昨年5月に竣工した複合物流施設新7号棟に続く、創立50周年記念プロジェクト。

「ダイナベース 」は、日本最大の公共トラックターミナルにおける Dynamic(力強く躍動的な)Distribution(物流) Base(基地)の略で、頭文字の「D」には、Development(高機能型物流施設としての発展)、 Departure & Destination(全国物流網の出発地&目的地)の意味も含まれている。

建物は、各階に40ftコンテナ車が直接乗り入れできるダブルランプウェイ方式を採用し、利便性の高いワンフロアでの効率的な事業展開が可能となる。休憩室やテラス、パウダールーム等のアメニティ設備も充実し利用者の快適な就業環境をサポートする。

また、災害対応としては、免震構造の採用や京浜トラックターミナル全体をカバーする72時間対応の非常用自家発電設備により、利用者のBCP(事業継続計画)の実現に大きく寄与することが可能となる。

さらに、環境に優しい施設として、豊富な緑地を配置することによる利用者の憩いの空間づくりやモノレールからの景観に配慮するとともに、LED照明や再生可能エネルギーの活用に向けた太陽光発電設備も設置する。

■概要
住所:大田区平和島2-1-1京浜トラックターミナル内
建築面積:約2万m2
延床面積:約9万7000m2
構造:柱 PCa梁S造、免震構造、地上5階建、ダブルランプウェイ
竣工予定:2018年7月

最新ニュース